物流業界が抱える問題の解決策

POST LIST

2017年10月16日
跡継ぎ問題で悩んいる人は譲渡を検討を更新しました。
2017年10月16日
M&Aに踏み切るまえには事前の調査が必要を更新しました。
2017年10月16日
物流業界が抱える問題の解決策を更新しました。
2017年10月16日
物流業界で生き残るならM&Aを更新しました。

CATEGORY

CALENDAR

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

物流の譲渡やM&Aの有効活用のススメ

巷で話題になっている某通販サイトの配達量多すぎによる配達現場の負担増などのニュースを新聞やテレビでよく目にします。なぜこのような問題が起こるのかというと、競争激化による安値受注競争が勃発しているからです。なんの戦略もなくとりあえず安値で仕事だけ取ってきてマイナス分は全て下請けや配達員に押し付けます。その結果、低賃金で仕事量だけが膨大になるという負のスパイラルに陥ってしまいます。大手物流会社が安値競争をやるとそのしわ寄せが中小、個人の物流会社に来ます。そして業績、資金繰りが悪化した中小、個人の物流会社に残された選択肢は2つしかありません。
M&Aを受け入れて大手の傘下に入るか、会社を譲渡して物流業界から引退するかです。個人、家族経営ならそのまま引退、撤退しても何も問題ないと思いますが従業員を抱えている中小の物流会社はそうはいきません。責任ある経営者なら従業員の雇用を最優先させないといけないのでM&Aは現実的な選択肢の1つです。またM&Aを受け入れると優先的に仕事が配分されるので安定した経営をすることができます。さらに大手の物流システムのノウハウを学ぶことができるので経営の効率化、コストの大幅削減を実現することができます。

物流譲渡をし業績向上

物流業界で今、問題視されているのが人手不足の問題です。運ぶ荷物はあるのに対してその荷物を運ぶ人がいないという状況になっているのです。その為、物流業界で今行われているのは物流譲渡です。独自の配送方法やルート、集荷や配車方法だけでは人手不足は解消されず物流関係で企業の利益を出すことは難しいのです。
物流譲渡を物流業界で行われる事によって、物流方法の見直しを行う事が出来るのです。配送ルートやノウハウの共有といった事が出来、物流業界の人手不足を解消することができるのです。それぞれが持っている、物流方法で1番ベストな方法を取り入れる事によって利益を上げる事が出来るのです。物流譲渡は物流業界ではなく、独自で物流部門を設けている企業間でも行われておりどこの企業も人手不足解消や利益向上につなげる為物流部門の見直しをしているのです。
その他にも物流業界ではインターネット会社等と提携を結んだり、荷物がコンビニなどで受け取ることができるといった配達先の縮小等によって人手不足の解消を目的とした方法がいくつもとられているのです。それだけ物流業界の人手不足が深刻な問題とされているのです。荷物があるのに人がいないと言う問題を解決するためには物流業界の間で物流譲渡が必要不可欠です。

PICK UP