跡継ぎ問題で悩んいる人は譲渡を検討

POST LIST

2017年10月16日
跡継ぎ問題で悩んいる人は譲渡を検討を更新しました。
2017年10月16日
M&Aに踏み切るまえには事前の調査が必要を更新しました。
2017年10月16日
物流業界が抱える問題の解決策を更新しました。
2017年10月16日
物流業界で生き残るならM&Aを更新しました。

CATEGORY

CALENDAR

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

物流業界の譲渡やM&Aを進めるメリット

裏で物流業界の譲渡やM&Aを進めようとしている企業の中には、上場をしている会社も存在します。日本では成長が鈍化しているため、普通に利益を稼ごうとすると中々良い数字を出せません。ですが、M&Aをして買収をすれば、企業の決算の数字を大きく積み増す効果があります。そのため、買収という言葉が市場に流れれば、株価が大きく上がるという効果が期待できます。株価が上昇すれば、知名度も上がるので一石二鳥以上を狙うこともできます。
特に友好的なM&Aは、その企業の優秀な従業員を離散させずに済む利点もあるので、今後もこの動きは継続すると見て良いです。物流業界のライバル企業へM&Aを仕掛け成功させたとします。価格競争を勃発させていた場合は、安くしていた価格を普通の状態に戻すことができます。そして、費用対策で下がっていた給料が上がるので、従業員達の士気の向上につながります。
ライバルだった企業の人達と仲良くするため、何らかのレクリエーションを行うことがあります。スポーツをして大いに楽しんだ後、宴会という流れにつながる場合が多いです。かつては敵対的買収という形をとる場合が多かったですが、最近では友好的なやり方でM&Aをする例が増えています。強引に買収をするよりも、友好的な方が従業員の信頼を得やすいからです。

運送物流業界はM&Aが活発

最近では、物流業界ではM&Aや譲渡が活発に行われています。M&Aというとあまり良いイメージが持たれない方も多くいるのではないでしょうか?しかし、M&Aや譲渡は中小企業にとっては存続と発展という目的があります。そこで今回は物流業界ではなぜM&Aが活発になっているのかを紹介していきたいと思います。
一番の問題は、やはり後継者問題となっていきます。後継者がいない理由には様々あります。まず一つ目は子供が継がない場合です。父親である社長が現役を退けるのは60~70歳くらいとなります。その年の頃には子供も30~40代という年頃になっており、既に違う業種で立場や責任あるポジションについていることが多いです。また家庭も築いていて、生活プランなども決まっていたりします。そんな中で中小企業の社長になる事を躊躇う事も多いです。また子供がいても能力の問題で跡継ぎにする事が出来ない場合もあります。最近では、同じように仕事をやっていけば大丈夫という訳ではありません。カリスマ性や経営手腕が必要となります。そういった能力が無ければ厳しいのも現状です。
いかがでしょうか?物流業界では跡継ぎがいない事が原因でM&Aを行われる事が多くあります。しかし、M&Aは悪いことではありませんので積極的に取り入れるといいでしょう。

PICK UP